株式会社 ラピュータ ファイナンシャル アドバイザーズ
HOME法人のお客様へ個人のお客様へコンサルタント紹介セミナーのご案内出版物のご案内
個人のお客様へのサービス
 
会社概要
お問合せ
個人情報保護方針
リンク集
ファミリーオフィス事業部
 ファミリーオフィスとは、米国の富裕家族 ( ファミリー ) が、自らの家族のために雇う資産管理及び運用のプロ、弁護士、会計士、税理士等で構成される専属チームのことです。富裕家族 ( ファミリー ) は、特定の金融機関の立場に偏らない独立したアドバイスを求めていることが多く、このようなファミリー・オフィス・ビジネスが生まれました。弊社のファミリー・オフィス・サービスでは、弊社が選別した専門家チームが、担当させていただくご家族のために、何世代にもわたって、資産の保全及び運用、法律、税金、年金、贈与・後見・遺言・相続、法人設立、ベンチャー起業その他に至るまで、様々なサービスを提供させていただきます。
 
介護ファイナンシャルプランニング   個人投資顧問
海外資産管理業務 拡充のご案内
 弊社では、2011年7月から、日本人の海外移住 ( 退職・ビジネス移民、その他 ) 手続きサービス、海外保有物件の相続・事業承継、海外会社設立等の相談業務を本格的に開始いたしました。新サービスのご提供により、従来の海外資産保有アドバイス ( 資産防衛スキーム ) を中心として、海外銀行選別、海外銀行口座開設からその管理 ( 税務面も含む )、推奨ロングステイ先 ( オーストラリア、カナダ等 ) 紹介・支援サービス等とあいまって、トータル的な海外資産管理業務をご提供させていただいております。お子様やお孫様への相続・事業承継対策としても、海外資産保有を是非視野に入れてご検討いただければ幸いに思います。詳しくは、ご相談ください。 [ 海外資産管理業務のページ をあわせてご覧ください。 ]
 オーストラリア パース   カナダ バンクーバー
 ※ 海外ロングステイ先として推奨する オーストラリア・パースカナダ・バンクーバー
 また、シンガポールマレーシア、米国・ハワイ、
 アジアにおける金融の拠点となる 香港上海
 その他の紹介 ( ベトナム ) は、リンク先をご覧ください。
金融レポートのご案内
 弊社のお客様には、無料で、年 4 回 ( 緊急の場合は別冊 ) の 「 金融レポート 」 を進呈しております。「 金融レポート 」 では、株式市場や外国為替市場の現状及び見通しを掲載させていただいているほか、弊社における資産管理方針の基盤となる国際政治経済に対する見方等を掲載させていただいております。
 金融レポート表紙

  2014年10月 [ 最新号・弊社お客様のみ,2014年10月下旬ご送付予定 ]

 ◆ 2014年 7月 ( 抜粋 )
   ● 中国・韓国からの脱亜を明確にし、米国を中心とした自由主義世界との共存を目指し始めた
     ( 一部のページをご覧いただけます )
   ■ 金融市場
   ■ 株式市場 欧米の株式市場・日本の株式市場・新興国の株式市場
   ■ 外国為替市場  等

 ◆ 2014年 4月 ( 抜粋 )
   ● 消費税引き上げも始まり、日本経済が動き出した
     ( 一部のページをご覧いただけます )
   ● TPP参加と法人税引き下げは、孤立する日本が復活する突破口になるか
   ■ 株式市場 欧米の株式市場・日本の株式市場・新興国の株式市場
   ■ 外国為替市場
   ■ 金利
   ■ 金相場  等

 ◆ 2014年 1月 ( 抜粋 )
   ● 無防備に上値を買ってはいけない2014年の金融市場
   ● それでは2014年の日本はどうなるのか、そして今後の日本復活のための不安要素とは?
   ● 昨年 2013年 の金融市場の総括
     ( 一部のページをご覧いただけます )
   ■ 株式市場 欧米の株式市場・日本の株式市場・新興国の株式市場
   ■ 外国為替市場
   ★ 今年 2014年 の投資戦略  等

 ◆ 2013年10月 ( 抜粋 )
   ● アジア諸国の視察を終えて・アジアの経済状況
   ● 世界の政治経済・日本の政治経済
   ■ 株式市場 欧米の株式市場・日本の株式市場・新興国の株式市場
   ■ 外国為替市場
   ■ 金相場  等

 ◆ 2013年 7月 ( 抜粋 )
   ● 日本経済に少し日がさしてきたのか?!
   ● 中国と韓国の経済にも異変が目立ち始めた
   ■ 世界の金融市場・日本の金融市場
   ■ 外国為替市場
   ★ これからの資産運用、ポートフォリオ戦略のポイント  等

 ◆ 2013年 4月 ( 抜粋 )
   ● 株高・円安に水を差すようだが・・・
   ● アベノミクスに対する海外からの反応
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場
   ★ これからの資産運用と管理の注意点  等

 ◆ 2013年 1月 ( 抜粋 )
   ● アベノミクスで背水の陣を敷いた
   ● 本当になすべきことは中央集権の構造改革と教育改革
   ■ 金融市場
     ( 一部のページをご覧いただけます )
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場
   ★ インフレ誘導に舵切りをした日本における今後の我々の運用戦略
   □ 2013年度税制改正の主な論点  等

 ◆ 2012年10月 ( 抜粋 )
   ● 世界の注目は欧州から極東アジアに
   ● 韓国経済の実態 中国経済の実態
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場  等

 ◆ 2012年 7月 ( 抜粋 )
   ● ユーロ金融危機の現状は? 日本への影響は?
   ● 我々はどのように考え、どのようなアクションを起こしたらよいのか
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場  等

 ◆ 2012年 4月 ( 抜粋 )
   ● 本格的なインフレ時代は到来するのか
   ● インフレ政策への舵取りは株価や商品相場上昇とその国の通貨の下落を促すが・・・
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場
   □ 平成24年度税制改正の影響について  等

 ◆ 2012年 1月 ( 抜粋 )
   ● 忍耐、我慢の時代の到来
   ● 2012年からの世界の金融・経済状況
   ● 来たる時代に備え、日本人は発想を大胆に転換するしかない!
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場  等

 ◆ 2011年10月 ( 抜粋 )
   ● 金融危機の前兆?
   ● 日本の富裕層も自己防衛を図っている
   ● これからは真の富裕層向けアドバイザーが必要
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場
   □ 第3号被保険者に関する議論について  等

 ◆ 2011年 7月 ( 抜粋 )
   ● 欧州発世界経済の震撼
   ● 米国の衰退の必然的な米ドルの下落
   ● これからの自己防衛の必要性
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場  等

 ◆ 2011年 5月 ( 抜粋 )
   ● これからの日本経済を予想する
   ● 震災後の日本のあるべき姿
   ● 世界経済の大きな変化
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場
   □ 寄附金控除のポイント  等

 ◆ 2011年 1月 ( 抜粋 )
   ● 2011年における世界・日本の経済の注目点
   ● 2010年の世界を回顧
   ● 2011年は日本が大きく変わってしまう
   ■ 株式市場 世界の株式市場・日本の株式市場
   ■ 外国為替市場  等

※ 金融レポートのサンプル ( 一部のページ ) をご覧いただけます。
※ 金融レポートは弊社お客様にご提供させていただいております。
※ 金融レポートのみの販売はいたしておりません。ご了承ください。
HOME法人のお客様個人のお客様コンサルタント紹介セミナー出版物会社概要お問合せ
株式会社 ラピュータ ファイナンシャル アドバイザーズ
金融商品取引業者 ( 投資助言業 ) 関東財務局長 ( 金商 ) 第1139号
All Rights Reserved by Laputa Financial Advisors Inc. 2007.